1. 無料アクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とにかく残念。オルフェーヴル。
5歳秋まで能力が他馬を圧倒するのかを見定めたかっただけに。

これで一本かぶりが分散されて、オッズとしては
ちょっとラッキーなのだが、見応えとしてはやはり出走してたよりも劣る。


比較的、軽度な出血ということらしいが、
これは本当に凱旋門賞を取りにいくという陣営の意気込みともとれる。
ここでベストパフォーマンスを出来ないで凱旋門に望むよりも、
早期段階で完治させて、本番にコンディションを持って行きたいという、
そういう意思の表れとして受け取るべきだろう。






さて、先に述べたかつての宝塚の狙い方。
ここに今年の出走馬を当てはめてみたいと思う。


1.金鯱賞でブッチギリ馬(前なら完勝・後ろなら荒を気にせず完勝
  金鯱賞がどっかいっちゃったので、これを鳴尾記念に置き換えると、
  トウケイヘイローが当てはまりそうだが『ブッチギリ』とは言えない
 『鞍上による絶妙な勝ち方』だったし、その3着ダノンバラードは
  道中気持ちよさげに走っていた割りには追って案外。
  よって候補なし。

2.中距離専門なのに安田に出て、掲示板は確保。
  候補なし。

3.天春に、距離が不安ながらも出た実力馬、掲示板確保。
  (天春前のG2で連対している)

  フェノーメノ。何なら勝っとるし。
  ゴールドシップ。こちらは距離不安じゃなかったけどセオリー通りの戦績。
  トーセンラー。

4.4歳で、王道系、ノリノリで、圧倒的に強い。
  フェノーメノ・ジェンティルドンナ・ゴールドシップ

5.5~6歳だが、遅咲き、今がピーク。
  近しいのはダノンバラードだが、追って案外。
  そして多分馬券で追いかけても案外だろうね。
  トーセンラーを今がピークと見るかというと、
  そこまででもないような感じ。
  『高い水準で能力を維持し続けている』というのが妥当。
  爆発力はないだろうから、候補はなしということで。

6.有馬記念好走馬。
  ゴールドシップ
  (ただ、去年の有馬はメンツがなんともはや…という感じ)
  
7.牝馬は、エリ女で貫録勝ち、牡馬と対等に渡り合って来た馬。
  ジェンティルドンナ
  (エリ女どころか、JCとドバイ2着
   これが斤量の恩恵を無視してどのくらいやれるのか)

8.阪神のやや荒い馬場に対応できる、キレ味と力強さのある馬。

  海外実績のジェンティルドンナ。

9.前々日から雨で足元グズグズなら完全に先行。良なら差し馬。

10.長距離過ぎるとイマイチ。2500以下でも実績のある王道馬。
  フェノーメノ、ジェンティルドンナ、トーセンラー、ゴールドシップ。

11.追い込み一辺倒の馬はほぼ不可能
  (ゴールドシップのアレを、追い込みと分類すべきか、差しと分類すべきか…)





結果発表すると、プラス材料の該当ポインツは


ゴールドシップとジェンティルドンナが4ポインツ
次いでフェノーメノが3ポインツ、トーセンラーが2ポインツ。








……。







考えた意味ねー。







ただし、ウィークポイントがあるのも事実。


ゴールドシップの脚質

ジェンティルドンナの『初の』牡馬と同レベル斤量
(56キロ→牡馬換算は58キロ)

トーセンラーの『今、超がつくほどのピーク!』感のなさ



そうなるとそういう弱点がないのって、フェノーメノなんですけど。





天皇賞春と、宝塚記念の連勝って

ビワハヤヒデ・テイエムオペラオー・ヒシミラクル・ディープインパクト

上記の4頭と同レベルってことですよ。
でも、ヒシミラクルよりは強そうだし、あってもおかしくはないのかもしれない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://theoryofkeiba.blog49.fc2.com/tb.php/153-52b16615
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。