1. 無料アクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
距離が2000mだった一昨年前までは
勝ち馬がG1常連という意外と華のあるレース。


これがマイル戦に変わってから2回目となる。

昨年はマイル戦線で頑張っていたフラガラッハ、
牝馬G1戦線で頑張っていたショウリュウムーン、
そして中距離重賞の常連トライアンフマーチという結果。
人気していた馬達がちょっと不甲斐ないメンツだったので、
やや荒れた印象。

今年も、牝馬重賞戦線で活躍するドナウブルーに注目が集まる。

この馬は体格が乏しいワリに能力が高い。
メンツの薄いG3までなら勝てるという印象。
さらに成績のワリに重たいハンデが付きまとう。
非力なイメージなので複勝圏内くらいにとどめるとして…

これよりも一発ドカンと花を咲かせたいのはランリョウオー。
行ってよし、溜めてよし。目下好調キープしており、
ハンデも55キロとあれば、ここが才能開花のチャンス。

対抗するのは能力上位のリルダヴァルか。
常に勝ち馬と0.5秒以内の時計を出しながら運がない。
ここいらの薄いメンツの中でなら勝てるかも。

穴は、シャイニーホークとムクドク。

サンレイレーザーに先着しているシャイニーホークは
ここでも通用する馬だと思う。

ムクドクは鞍上強化による気合一発を期待。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://theoryofkeiba.blog49.fc2.com/tb.php/200-83a1480b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。