1. 無料アクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都大賞典

ゴールドシップは内田Jとのコンビネーションが最悪だった。
もう出負けしたんなら、以前みたくロングスパート決め込むしかない。

ペースは兎に角まるで牝馬競争並みのスローペースで流れて、
後半いきなりビュンビュンの絵に描いたような後傾ラップ。

これじゃゴールドシップは敵わない…というか、
ゴールドシップがむりくりとりついたからペースが落ちて、
むりくりスパートかけようとしたから全馬がついていった形。


所謂、自爆。


これではどうしようもない。

勝ったヒットザターゲットはごっつぁんです。
アンコイルドも洋芝適性のパワーで押し切ったカンジ。
一本被りの馬が狂うと、特異なレースになりますっていうのの超好例だ。

馬券返せ。





毎日王冠

歳とったダークシャドウと、夏をうまく乗り切らなかったショウナンマイティ。
さらに出負けして、ハイ終了のコディーノ。こちらもこのあたりの人気サイドが狂った。

それでも成長マックスの4歳馬(クラレントとジャスタウェイ)がきたんだから、
これはこれで順当な結果だったと思う。

ゴッツァン!だったのがエイシンフラッシュ。
内内で抑えつつ、直線で正気が訪れた。いかにも福永Jらしい勝ち方。
福永Jの巧妙さが光る馬群の掬い方だったろうと思う。


クラレントとジャスタウェイの予想はバッチシだったが、フラッシュ様が邪魔だった。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://theoryofkeiba.blog49.fc2.com/tb.php/244-8bd67c67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。